もしもワークス

もしもワークスは、あなたの未来に役立つウェブサイト構築、ホームページ製作をお手伝いします。 HTML/CSSコーディング、CMSカスタマイズ等、フットワークの軽さを活かして柔軟に対応いたします。お気軽にご相談ください。

skype: moshimoworks

wordpress logo(grey-l)

2013年2月1日
by moshimo
3 Comments

WPのカテゴリー選択を択一方式に変える方法3つ

WordPressの投稿画面では、カテゴリー選択は通常は複数選択が可能になっていますが、サイトでの使い方によってはあえて複数選べないほうが良い、単一選択のほうが便利なことがあります。その際に使える方法を調べてみました。

以下の例はどれもテーマのfunctions.phpに書けばOKです。
続きを読む…

Jquery-mobile-logo

2013年2月1日
by moshimo
0 comments

IEでjQueryのフェード効果が表示されない現象

他のブラウザでは問題なく動くけど、IEだとうまくいかない件。
jQueryのフェードイン・フェードアウトでもありました。

これはフェード効果を与えたい部分のスタイルにpositionを指定していると起こる模様。fadeIn()やfadeOut()しても、IEだとぱっと表示・非表示が切り替わるだけになってしまいます。
回避するにはフェード効果を与えたい部位にpositionを指定せずに組めるやり方があればそれで組む、ってところでしょうか…。使いたいですけどね、position。

2012年12月14日
by moshimo
0 comments

CotEditorの構文カラーリング

Macでよく使うテキストエディタ、CotEditorで独自の構文カラーリングを設定するときのメモ。

  • CotEditorの環境設定>シンタックス で、シンタックススタイルを選択。
  • ちょっとした修正程度なら「編集」ボタンを押してGUIで編集。
  • だいぶいじるなら元になるスタイルを「コピー」ボタンを押して複製、新しいスタイルの土台にする。
  • 「書き出し」ボタンを押して書き出し(XML形式のplistファイル)エディタで内容を編集。
  • 「読み込み」ボタンでそのファイルを読み込む。

キーワード、コマンド、値、数値、文字列、文字、コメントの定義が可能。定義は正規表現を使える。
入力補完リストの作成まで手が回らなくても、カラーリングの定義から自動的にそれを使ってくれるのがありがたい。
CotEditorの入力補完は「Cmd + .」で呼び出し可能。

CMSで使う独自のテンプレート言語ってデバッグがしづらいことが多いので、負担を軽減するためにこういうのを作っておくと地味に助かります。…というのを数年ぶりに食らってしまって後悔したので、今度はちゃんと用意。

2012年9月28日
by moshimo
0 comments

AS3のドキュメントクラスでエラー1180

ひさしぶりにFlash(AS3)を書いてみたものの色々忘れてて焦った…
気になるエラーをメモ。ドキュメントクラス関連。

エラー「1180: 未定義である可能性が高いメソッド addFrameScript の呼び出しです。」

読んだだけではなんのことかわからなかったけど、これはルート下にすでにフレームスクリプトがあるのに、Spriteを拡張したドキュメントクラスを定義してる場合に出る。
解決するにはクラスを素直にMovieClipで拡張すればOK。

2012年9月21日
by moshimo
0 comments

Sass関連の調査メモ

SassやCompass関連のメモ。なんとなく情報に触れていたけど、そろそろ仕事で使えるようにしておきたい。

SassやCompassはRuby gems。コマンドラインはちょっと…という人向けのお手軽アプリ。

その他

  • Bourbon Sassのmixinライブラリ